1.キャリア教育の推進 ~地域と自分の将来を見通す

・「松山学」を通じて、地域の実態や課題を理解し、解決を模索する中で、手本となる「地域人」のモデルを見つけ、自分の理想を具体化する能力を育成し進路意識を向上させる

・総合的な探究の時間「MIRAI(みらい」を充実することで生きる力を定着させる

・人間力の育成(挨拶、マナー、コミュニケーションスキル等)のためにSSTを実践し検証する

・他校との連携・協働を含めた進路指導体制をより充実させる

2.学ぶ習慣の定着 ~分かる喜びの体験

・学びの目標を明確にし、学習意欲が高まるようにルーブリック等評価方法を意識した授業を展開する

・生涯学習につながる学習習慣を育成するとともに習得した知識・技能を活用しながら深い学びにつながるようなアクティブラーニングを実践する

・学校設定教科「TSUBASA(つばさ)Ⅰ・Ⅱ」の実践により基礎学力の定着を図る

・ユニバーサルデザインを意識した見通しのある授業展開に向けて「松高スタンダード」を深化させる

・学びの達成感につながるよう資格・検定等への挑戦を促進する。

3.生きる力の育成 ~自己の成長のメタ認知

・行事や授業ごとの「ふりかえり」を通じて「メタ認知」のできる生徒を育成する

・特別支援教育的な視点を持った、規範意識や自己肯定感を育む教育活動を行う

・「関わる力」「動く力」の伸張を目指した行事・活動の企画・参画等を行う

・職員間、保護者や関係機関と情報を共有し連携できる教育相談体制を充実させ生徒を支える

4.連携と発信 ~地域社会とのつながり

・自己肯定感の向上につなげられるよう学校情報を積極的に公開する

・地域におけるイベントの開催、ボランティア活動への積極的参加等、地元教育関係機関と連携した地域の教育力を積極的に活用する