6月22日に新入生歓迎会・球技大会が行われました。

副校長先生の講話では、「松高での学びは一生を支える」という卒業生の言葉が紹介されました。より良く生きるために学び、教養を高めたいという松高の卒業生の姿勢から、自らの学びについて考えて欲しいというお話でした。

会の前半はみんなで考えた松高についての「松高クイズ」とお互いをよく知るための「スゴロクトーキング」を行いました。学年を越えてのチームで行い親交が深まったようです。

後半は、4チームに分かれてドッジボールを行いました。みんな本気になって楽しんでいたようです。

新入生を松高ファミリーに迎え入れ、遅くなりましたが歓迎会を行うことができました。新入生のみなさんも共に松高を盛り上げていきましょう。生徒会役員のみなさん、事前の準備や司会進行お疲れ様でした。