北朝鮮による弾道ミサイル発射に際しての生徒の行動について(連絡)

このことについて、平成29年9月7日付高梁市教育委員会の指示に基づき、今後Jアラートから情報があった場合に、本校生徒は身の安全を確保するため次のように行動するものとします。

1 登校前にJアラートが作動しミサイル発射情報が発信された場合

・安全が確認できるまで自宅待機とする。

・テレビ・ラジオ等で、日本の上空を通過したという情報や、海域に落下したという情報が発信され、安全が確認された後に登校する。

・休校とする場合には、「配信メールサービス」及びホームページ等を通じて学校より連絡する。

2 登下校中にJアラートが作動しミサイル発射情報が発信された場合

・近くの建物に入る、物陰に身を隠すか地面に伏せるなどの行動によって身を守る。

・車内にいる場合は車を止めて近くの建物に入る。周囲に避難できる建物がない場合、車から離れて地面に伏せて身を守る。

3 登校後にJアラートが作動しミサイル発射情報が発信された場合

・校舎内で机の下に隠れるなど避難行動をとる。

・屋外にいる場合は、直ちに近くの建物に隠れる。

・できるだけ窓から離れる。